So-net無料ブログ作成

あれから 20年。 [記憶]

サリン事件から20年、と ニュースのトピックでアナウンサーがそう 云っていた。

松本サリン事件 の関係者とメディアに取り上げられた人の心中やら
察するには ワタシの器は狭すぎるから
身近なところから 思いを馳せてみる



あの事件から 主犯格の逮捕劇まで
国内を巻き込んで色々あった、と思い返す一方


「あの年に生まれました!」
という人が20歳なんだ、と 今更ながら 年月を知り愕然

(何千という先人の背負う思いの一端をようやくワタシも…)
(要はイイ年齢、ってコトよ)


当時
まだ かの教団の身辺が 「ん? ちょっと怪しいゾ ココ」 程度な
なにやら色物でも見るかのごとくの扱い(選挙とかね) な頃



都心から新幹線で駅三つ、という ここいらヘンの土地に一人住まいしていたワタクシ
日々 会社とアパートの往復しかない仕事漬けの
(それも大してイケてもいない) 中で


駅前で配布されていたモノを 後輩が持ち込んだのを手に取り
本気で コノ企業に就職しちゃおうかな、と思ったのが
どうも 教団の開祖が社長だ、と思しき 情報関連(確かそう書いてあった)企業の
「正社員募集!!」 のチラシだった



新入社員の手取りで30万は下らなかっただろうから
しかも駅前で 履歴書を提出あるいは 郵送だけで即・2次面談可能だったから
人生リセットした人もゼロではなかったのではなかろうか


なにも かの教団だけではなく 当時は
企業研修 という名の下に 『マインドリセット』 (いまならさしずめそういうのだろう)
すなはち 『マインドコントロール』 が 平気で行われていたのだ
徹底的に 対象となる相手を 追い込み、追い込んで、追い込んだ挙げ句
無理やりに 「気づき」 を与えて、実践へと 移行させる


円の真ん中に立ち 周囲を囲む数十人から


「オマエは馬鹿だ」 「オマエは何も判っていない人間だ」 
「オマエは愚かだ、それをまず認めろ」 などと 寄ってたかって

対象が しまいに声をあげて 「ワタシが馬鹿でした」 と泣き出すまで
罵声を浴びせさす


これを 2泊3日で 日常と隔絶された環境下でヤラれるだけで
大概の人は ちょっとトリップするんです 


むしろ悪用する人が それまでいなかったことが不思議だ


アノ当時、 多分みんなが舐めてかかっていたんだ、と思う
バブル浮かれの上澄みを飲んで



この先ずっと生きていける ( ※ 全員とはいいません ワタシみたいなヤツね) 

思い込んでいた甘さから なにかとてつもない力
それも 当初は出処不明の ふわふわとした力でしかなかったものが


ぶつかられ 跳ね返され 邪険にされてほっとかれた挙げ句
得体の知れないパワーを 膨大に溜め込んだモノ を
生み出してしまったような イメージだ



ワタシの 学生時代の友人は
 
忠実な彼等が 「溶剤」 を買いに来た会社に 勤めていたという
そのことが

未だ 頭から離れないのだ 、と かつて話していたことがある


話し下手の スキンヘッドの 男の子、が受付で
しどろもどろで 話していたそうだ


数年後 逮捕劇の後で 死刑判決を受けた容疑者の名前に
「彼」を見つけることとなる


ふとしたことから 袖振り合ってしまう

苦い縁(えにし) もあるということなのだ と思う。


以上 ワタシの短い腕で捕らえられる範囲の 「あれから20年」 です。





nice!(6)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 6

コメント 5

さきしなのてるりん

松本サリン事件。マスコミのとんでも報道で犯罪者に仕立て上げられた河野氏のことも決して忘れられない。当時テレビを見ながら、過熱気味な報道にほんとかなと思ったものです。
by さきしなのてるりん (2014-06-28 18:21) 

ryang

この半年後の地下鉄サリン事件の時、学生でした。
学校の視聴覚室で、英語の教材VTRが始まる時に
スクリーンにニュースが映って、先生が「これは...
ちょっと今日VTR中止でテレビ...」とみんなで観ていました。
なにが起きたのかわからないけど、混乱した状況だけは
わかりました。
あのときの聖路加国際病院の働きは、今読んでも涙が出ます。
あんなことが自分にできるだろうか。混乱の状況の中、
最善を尽くすことができるだろうか。日野原先生の熱意と
病院全スタッフの組織的な素晴らしい対応が、他人事のような
手の届かないような、遠い場所で起きているような気が
してしまって、いまだに未熟さを思い知らされます...。
by ryang (2014-06-28 21:28) 

cassis

● さきしなのてるりん さま 有り難うございます^-^。

ワタシは河野さんの心持になって語る資格は無いようです。繰り返される報道に 無責任にあれやこれやの
想像を重ねてしまい
単純に自分の家族を前にして「同じ立場に立ってみる」 という作業を
するべきでした
せめて 忘れずに いたいです。

アチラは今頃は 良い季節ですね。


● ryang さま ありがとうございます^-^。

当時学生だった方々に エッセンスが伝わっていたか
少しでも語り継がれるものがあれば、と

そんなことはきっと 取り越し苦労だと 思えるくらい
「後を受けて立つ人々」の 逞しくしたたかなことは


「たまたま先を歩く我々」 には 1ビットも不満なことはありません^-^/
大丈夫。  
こんなにしっかり やれているではありませんか。


by cassis (2014-06-29 00:19) 

獏

お早う御座います☆
高田馬場駅前の路上に
人差し指を高く振り上げた教祖様の
チラシが雨に濡れ破れていたのを
思い出します
そして地下鉄サリン事件の当日
届ける書類が重いので地下鉄に乗るのをやめて
車で東銀座に向かったら・・・・大渋滞・・・
そんな獏の20年前でした。。。。

by 獏 (2014-07-01 07:39) 

cassis


● 獏  さま ありがとうございます^-^。

アの方の『悪の経典』もこの先幾人もの弟子に幾通りもの教えとして
刻まれ細分化さればら撒かれていくのでしょうか
「信」心・念に端を発する暴発は求心であれ多発同時であれ
曇りの無いところがコワイなぁ、と思います、
(かなり曇ってる自分もどうかと思うのですが)



by cassis (2014-07-02 10:38) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。